京都館の沿革